看護師

たまにはリフレッシュも必要【育児ストレスがあればまず相談】

言語障害の精神医学的解決

女性

言葉の発達の遅れなど小児期に多く見られる言語障害のうち、特に多い吃音は年齢とともに解消するのが普通です。通常は言語聴覚士が治療を担当しますが、吃音が原因で心に傷を負ったり発達障害を伴ったりしている場合は精神面の治療が効果を発揮します。精神科では脳科学的・心理的アプローチから吃音を治療しています。

もっと読む

こころの負担の解消法

病院

東京の心療内科を受診する際には予め自身の症状の傾向やクリニックの診療方針など複数のポイントを確認しておく事が大切です。これらの要点を踏まえた上で心療内科を受診することで、個々の症状に適した理想の治療を受けることが出来ます。

もっと読む

産後は適度に手を抜いて

女性

早めの受診を

育児をしている中でストレスを感じることは多くあります。ストレスがすぐに解消されるようならいいのですが、あまりに続くようだと育児ストレスからノイローゼ状態やうつ状態となってしまうこともあります。育児は始まったが最後終わりがなく、夜泣き対応などもあり24時間休まる時間がありません。そして仕事のように頑張ってもほめてくれる人もいないため、ストレスをためやすいのです。特に、不眠、摂食障害、引きこもり、感情の低下、笑うことが少なくなった、常に頭痛がするなどの症状が見られたら、早めに精神科や心療内科などの専門家に相談するのがおすすめです。こうした病院にいくのがハードルが高ければ、保健師や保育士、産科や小児科などに相談するのもよいでしょう。

利用者が増えている理由

育児ストレスを抱え、精神科や心療内科を利用する人は増えてきています。それは、核家族化により育児の責任者が母親一人にかかってきたことが大きな原因です。一昔前までは、祖父母とともに育児をするのが当たり前でした。そのため、子どもと二人きりで面倒を見るということは少なく、それ相応の大変さはあるものの現在のようなストレスはたまりにくい状況だったといえます。現在は、母親と子ども二人きりで育児をすることが多く、悩みや不安のはけ口がないため行き詰まりやすい状況です。できて当然という風潮があることも母親を追い込む理由となっています。また、情報が氾濫していることも混乱に拍車をかけ、これでいいのかわからないという状況になっています。そのため、ストレスを悪化させる人が少なくないのです。

セラピーを受けたい場合

相談

東京にはヒプノセラピーを取り入れているクリニックも多数あります。ヒプノセラピーは催眠療法のことで、催眠状態になることでリラクゼーション効果を得ることができます。またカウンセリングもスムーズに進みます。

もっと読む